SEOUL TRIP

【旅行tips】旅行に持って行くコスメたち。無印良品のナイロンブック型ポーチがすごく使える!

こんにちは!けい(@writtenbykei)です

普段はメイクポーチを持ち歩かない派のわたし。

カバンに入れるとしてもクッションファンデとリップくらいなのですが、泊まりで旅行のときはメイクポーチが必要。

最近まではジップロックただの袋に放り込んでいたんですが、そろそろ旅行用にちゃんとしたメイクポーチが必要だなあと思い、無印良品ナイロンブック型ポーチを購入しました。

 

前回の台湾旅行もチェジュ島旅行もこのポーチと一緒に行ったのですが、黒なので汚れが目立たないし、コンパクトなのにたくさん入るし、ブラシ入れるところもあるし、、。

と、良いところだらけだったのでブログでご紹介したいと思います。

 

無印のまわし者じゃないのかと思われるくらい紹介していますが、ただの無印会員(現在シルバーステージ←)ですのでご安心ください。(笑)

無印良品 ナイロンブック型ポーチ

仕切られた空間とメッシュポケットが便利

 

ポーチの中はこんな感じ。

仕切りポケット付きで筆やペンシル系も収納可能。筆が入らないポケットには綿棒などを入れています。

 

メッシュポケットはジッパーが付いているので大量に入れても溢れてきません。

 

おそらくたくさん入れても大丈夫なようにメッシュもゆるっとしているんだと思います。←

 

スリムな見た目とは裏腹に大量収納可能

実際に入れてみた図はこんな感じ。

 

左側にはブラシ類を入れて右側にはコスメ類を入れています。ね、ゆるゆるメッシュのおかげでたくさん入りますよね?(笑)

ややぼこっとしていますが、

 

横から見ても意外と薄いんです。

こちら入れた後。

 

入れる前はこんな感じ。

 

気持ち分厚くなったかな?というところですが、普通のポーチに比べたらだいぶスリムですよね。

 

しかも機能性だけでなくシンプルなデザインなので、海外に持って行っても盗られる心配もなし。

海外でプ◯ダのポーチなどのブランド品は盗られることも多いですが、これだけシンプルなら盗る人も少ないのかなと思います。

スポンサードリンク



旅行に持って行くコスメたち

持って行くコスメの基準は割れても悔いが残らないものを選ぶ

続いて持って行くコスメ類ですが、個人的に旅行に持っていくコスメを選ぶ基準は割れても後悔しないか?です。

海外旅行などで預け荷物に化粧品を入れる方も多いと思うんですが、どうしてもキャリーの中でごちゃごちゃになったり、キャリー開けた瞬間にメイクポーチを落としてしまったり、、意外とあるあるですので、割れてショックなコスメ類は持っていかない方が無難です。

なので私の場合はプチプラ(ロードショップ)コスメ9割と、万が一割れてもダメージが大きくないデパコス1割を持っていくようにしています。(笑)

 

それがこちら。

 

台湾旅行に行ったときに持って行ったコスメたちなのですが、預け荷物なしの機内持ち込みのみ(10kgまで)という超ヘビー旅行だったのでコスメは必要最低限に抑えました。

 

シャドウ類

 

  • MONOEYES M01オルス
  • MONOEYES M06レッドビーンラテ
  • MONOEYES S01アイデザイナー
  • MONOEYES S02イブロ
  • ADDICTION 067プライベートビーチ

 

パレットに入ったシャドウ類があればいいんですが、ちょうどいいサイズのパレットシャドウがないので単色シャドウを5色ほど。

モノアイズは割れやすいみたいですが割れてもダメージが少ないので持って行くことが多いです。(笑)

【韓国コスメ】MONOEYES(モノアイズ) のアイシャドウ 愛用している11色をご紹介!こんにちは!けい(@writtenbykei)です 今回は以前書いたMONOEYES(モノアイズ)のアイシャドウの記事の続きで、実...

 

リップ類

 

  • MAC チリ
  • Mamonde 11号ベルベットレッド

 

私的定番色。

一色だけだと飽きると怖いのでとりあえず二色ですが、マモンド塗ってることが多いかなー。塗り直しがしやすいので。

韓国コスメからデパコスまで お気に入りのリップ 5本 選びましたこんにちは!けい(@writtenbykei)です たまにはゆるくコスメ記事でも。 わたしが持っているリップの中でお気に入り...

 

その他コスメ類

 

  • KATE アイブロウEX-5
  • toocoolforschool シェーディング
  • innisfree 19말린장미부케
  • NATUREREPUBLIC 06スターライト

 

ロードショップパラダイスですが、顔面の構成に必要なアイテムたち。toocoolforschoolのシェーディングに関しては鏡代わりにもなるので便利です。

 

ブラシ類

 

  • toocoolforschool シェーディングブラシ
  • TONYTANAKA 1カラーバーアイブロウブラシ
  • TONYTANAKA 5カラーバーアイシャドウブラシ
  • TONYTANAKA 8カラーバーフェイスブラシ

 

こちらも必要なブラシ類。トニータナカのブラシ類とシェーディングの付属で付いていたブラシも予想以上に使えるのでそのまま使っています。

 

と、ざっとこんなくらいです。マスカラやビューラーはマツエクしているので必要なしでした。

 

これにあとアイライナーとコントロールカラー(詰め替え)くらいですかね。液体物の方に入れたのでここには写っていないですが。

スポンサードリンク



おまけ:コントロールカラーは使う分だけ持って行くと重さも気にならない

今回はコントロールカラーを持っていかずに行くか、、と考えたほど持って行きたくなかったstila(スティラ)のコントロールカラー

 

そもそもデカいし重いし、使う色は2色だけだし、落としたら泣くし(←ここ)なので諦めていたのですが、やっぱりないと顔面が無理ということで無印良品クリームケースに入れることにしました。

 

必要な2色だけスパチュラで取り、ケースに塗りつけます。

けっこうがっつり掘ったという。

 

ケースの中はこんな感じ。クリームタイプなのでひとつにまとめても色が混ざる心配もなし。

 

この量で台湾旅行、チェジュ島旅行に行ってもまだ余っているくらいでした。

 

ちなみに先ほど言っていたトニーさんには持ち運びにも便利なサイズのコントロールカラーがあります。(しかも無駄な色がない)
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【大感謝価格 】トニータナカ コントロールカラー 5色 TONY TANAKA 日本製
価格:4320円(税込、送料別) (2019/7/4時点)

楽天で購入

 

 

 

クリームタイプでしっかりと付く上に捨て色がないんですよ。

わたしは使い切ってしまったので現在は色々なブランドのものを試しているところですが、コントロールカラー初心者にはちょうどいいかもしれないです。美容学生やプロの方たちも使うことが多い日本の老舗メーカーなので安心ですしね。

 

ということで以上になります。

ちょっと話が脱線してしまいましたが、旅行に持って行くコスメの量がわたしくらいなら、無印良品ナイロンブック型ポーチに余裕で入るよ!ということです。(笑)

実はまだまだ無印の旅行グッツを持っているので、これからぼちぼち紹介していこうと思います。ふふふ

 

では!また次の記事でお会いしましょう。