about BLOG

【BUCKET LIST(バケットリスト)】死ぬまでにやりたいことリストを書いて5年目。やり方とコツは?

こんにちは!けい(@writtenbykei)です

2019年も始まり、はや2ヶ月。いや、約3ヶ月?

今年はやりたいことや叶えたいことがたくさんあるので(常に多いけど)去年はさぼった手帳をきちんと活用しようと思っているところ。

 

最近はインスタでも可愛い手帳のデコり方(死語)みたいなのを投稿している方が多いので、わたしもそこまでデコらなくても(世代)いいから上手に手帳を活用できる方法はないかなーと、とりあえずネットで検索していたのですが。

ただ年間のスケジュール帳の使い方みたいなのを検索していたのに、なぞに出てくる’バケットリスト’。バケットリストとはいわゆる’死ぬまでにやりたいことリスト’なのですが。

 

わたしはバケットリストは別のノートに2014年から書いていたので、いやいやバケットリストの書き方が知りたいんじゃないんだよと思いつつも、みなさんのバケットリスト見るのが楽しくて楽しくて。(笑)

 

しかも今ってバケットリスト専用ノートみたいなのも売っているんですね( ˙-˙ )

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

BUCKET LIST ネイビー ([バラエティ]) [ TABIPPO ]
価格:1944円(税込、送料無料) (2019/2/15時点)

楽天で購入

 

 

 

わたしは普通のノートに書いているんですが、バケットリスト専用ノートにしなかったのでノートは使い切ってしまったけどバケットリストは書いてあるし、、捨てるに捨てきれない状態で。

 

しかもバケットリストというか人生のやりたいことリストって尽きないじゃないですか。わたしだけかしら。

もう永遠と、というか年々追加されていくんですよ。尽きないのでまた違うノートにバケットリストを書いちゃうということもあり、そろそろバケットリストをひとつにまとめたいと思っていたところ、専用ノートが目に入ったので買ってしまいました。

 

スケジュール帳の書き方を検索していたのに脱線しすぎなのは置いとくとして。

 

今回はわたしが購入したBUCKET LIST(いろは出版)のレビューと、もう何年も続けているバケットリストを上手に使うポイントをご紹介します。

BUCKET LIST(バケットリスト)とは

『死ぬまでにやりたいことを書いたリスト』で日本でも数年前から流行っていますよね。

語源はわたしも知らなかったので調べてみたら、英語で’Kick the Bucket’という表現があるらしく、直訳すると’バケツを蹴る’なのですが実は’自殺する’という意味があるらしいです。

そして’Bucket List’で’死ぬまでにやりたいこと’という表現をするようになったそう。

 

なんだか意味深な言葉に感じてしまいますが、後ほど書く映画のタイトルにもなったことで’Bucket List’という表現が浸透していったみたいですね。

 

死ぬまでにやりたいことを書くだけ

 

バケットリストの書き方は特にルールはなく、自分が死ぬまでにやりたいことを書くだけ。

紙に書いても良いし、スマホやパソコンのメモに書いても良い。個人的に達成したら線で消したい派なので紙派ですが、とくに決まりはありません。

 

書く数に決まりはない

やりたいこと100個!と意気込んでいる方もみえるのですが、個人的に数には決まりがないかなーと思っています。

実際わたしが今回書いたのは27個。(笑)

 

初めてバケットリストを書いたときは一気に100個書いたんですが、結局後々見返してみるとそこまでやりたいこと、叶えたいことじゃなかったりして「なんでこれやりたかったんだっけ?」と思うような内容でした。

また、この記事の前半でも書きましたがわたしはやりたいことが日々増えていくタイプなので(笑)パッと思いつくだけ書いてまた明日、もしくは明後日、、来週、来年と増やしていけたらいいのではないかなと思います。

スポンサードリンク



バケットリストを書く前にこの映画を見ることをおすすめします

日本でバケットリストが流行した理由はこの映画からなんだとか。

’最高の人生の見つけ方’

 

有名な映画なので知っている方も多いと思いますが、
’ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります’にも出演しているモーガン・フリーマンジャック・ニコルソンが主演の映画です。

 

日本語だと”最高の人生の見つけ方”というタイトルですが、原題は”The Bucket List”というタイトルだそう。

 

最高の人生の見つけ方(THE BUCKET LIST)

病を患い、たまたま同じ病室になったカーター(モーガン・フリーマン)とエドワード(ジャック・ニコルソン)はひょんなことから仲良くなり、カーターが書き始めて捨てたはずの”バケットリスト(棺桶リスト)”をエドワードが拾い、それを読んだエドワードが二人で叶えようと誘う。そして二人は”バケットリスト(棺桶リスト)”を実行するために旅に出る。

 

 

と、ざっくりとした話の流れはこんな感じ。

もっと内面的なことを語りたいけど、今回の記事はこの映画を見た感想ではないのであらすじはこのあたりで。

バケットリストってなんだろう。バケットリストを書いてみようかな。と思っている方には一度この映画を見てほしいですねー( ˙-˙ )わたしが文章で説明するよりも何倍もこの映画が語ってる。

 

もちろんバケットリストに全く興味がない方にもおすすめです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

最高の人生の見つけ方 [ ジャック・ニコルソン ]
価格:1000円(税込、送料無料) (2019/2/13時点)

楽天で購入

 

 

 

命には限りがあるということと、なによりこんなおじいちゃんたちが人生の最後を一生懸命終えようとしている姿にじーんとします。

2019年すでに10本以上の映画を見ましたが、今年いちばん感動したかもしれない映画です。

スポンサードリンク



わたしのバケットリスト

と、バケットリストというものがどんなものかわかってきたところで、さっきもチラッと登場したわたしのバケットリストを公開。

 

今回は普通のノートではなくいろは出版さんから出ているBUCKET LIST専用のノートを購入しました。

 

個人的にいろは出版さん大好きで、わたしたち世代なら知ってるー!となるかもしれないんですが、きむさんの大ファンだったんですよ。(笑)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

きむ ポストカード 送別 卒業 結婚 記念日 感謝 詩 ハガキ 手紙 葉書き カ…
価格:162円(税込、送料別) (2019/2/15時点)

楽天で購入

 

 

 

ヴィレバンに売っているきむさんのカードを集めたり、高校生の頃のスケジュール帳もきむさんで。スケジュール帳に関してはめちゃくちゃ使いやすいし、マンスリーのページとかにもきむさんのひとことみたいなのも書いてあって、よし頑張ろうと思っていたなあ。(笑)

 

で、その時代以来にいろは出版さんの商品を手に取ったのですが、いろは出版さんこういう人生を楽しく生きるための商品が多くて好きです。

最初はこのBUCKET LIST専用のノートがいろは出版さんの商品だとは知らなくて、いざ買おうとしたときに「あっいろは出版だ!」って。懐かしさと同時にきっと使いやすいんだろうなあと思いました。

スポンサードリンク



BUCKET LIST専用のノートはこんな感じ

 

カバーの色が赤、青、ピンク、茶色などから選べたので何色にしようか迷ったんですが、なんとなく茶色をチョイス。無難な色なので茶色を使っている方が多いみたいですね(インスタ調べ)。赤も可愛かったなあー。

 

表紙をめくるとBUCKET LISTの説明が。

 

 

さらにその次のページにはBUCKET LISTが100個書ける一覧ページも。これは良い!

 

そして次のページにはwha’t important to you?と書かれたページが。

 

言葉、友達、音楽、、などのセクションに分かれていたのですが、なにを書けば良いのかピンとこなかったので今も白紙のまま。

 

さらにその次のページからは具体的にどんなことをいつまでにするのか、文字を書いたり絵を描いたり写真を張れるスペースが。

 

例えば行きたい場所の絵だったり、写真だったりを左に書いて、右には旅の予定や持ち物、いつまでに行く!などを書いたりする人が多いんですが、わたしは今もあえて白紙。

逆に行ってからそのページに写真や旅の感想を書きたいと思ったので今はなにも書いていません。行った証拠写真とか、買った証拠写真みたいなのを貼りたいと思っている。

 

そして最後のページには世界地図が。

 

わたしみたいに行きたい国がたくさんある人には嬉しい〜〜夢が膨らみます( ˙-˙ )

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

バケットリスト 死ぬまでにしたい100のことを書くノート BUCKET LIST (pn)
価格:1944円(税込、送料無料) (2019/2/15時点)

楽天で購入

 

 

 

と、ここまでいろは出版さんから発売されているBUCKET LISTをご紹介しましたが、実際にわたしが書いた死ぬまでにやりたいこと(とりあえず27個)を公開。

プライベートすぎるものに関してはモザイクをかけました。←

 

最初はね、TMIすぎると思ったのでブログに書くのをやめようかと思ったんですが、案外人のバケットリストを見ていると面白いことに気付いたので「ほぉ〜ん」という感じで見ていただけたらなあと。(笑)

スポンサードリンク



2019年(現在)に書いたバケットリスト

 

ほぼ行きたい国リストみたいになってしまったのですが、仕方ない。死ぬまでに行きたいんだもの。

ブログのプロフィールにも書いていますが、最近はヨーロッパに興味があって。ドイツに一回しか行ったことがないのでもう一度行きたい。

 

ヨーロッパってもうそこにいるだけで映画の世界だから好き。建物ひとつひとつが素敵で歩いているだけで気分が上がりますよね。

 

昔は韓国でもそう思っていたんだけどなー。←

 

世紀の大恋愛をする

まずひとつ目の”世紀の大恋愛をする”に笑った方もいるかもしれませんが、人生の記憶に残るような大恋愛をしてみたいなと思って書きました。

そのレンアイが上手くいった、いかなかったは重要ではなく、おばあちゃんになって「わたしもね、昔すんごい恋愛したのよ」と笑って話せるような大恋愛をしたいなと。

消せる日が来るかしら。(笑)

 

そしておまけですが今から5年前(当時21歳かな?)に書いたバケットリストがこちら。

2014年(5年前)に書いたバケットリスト

 

2014年11月に新宿のマックで書いたというのはさておき。

5年経った今、6割くらいは叶っていて
中にはもうあんまり興味ないな、やりたくないなと思うやつもあるので、見返したときに黒で消すようにしています。

 

韓国留学する

(ドキドキの搭乗前。)

 

バケットリストの一番最初に書いたことが’韓国に留学する’だったんですが、実際その半年後に本格的に行動を起こして、一年も経たないうちに叶えました。

あのとき行動を起こしたから今があるんだなあーと思うと、なんだか不思議です。

(留学二日目の朝@ホンデに向かう道)

 

 

もう少しで叶うやつも

モザイクで消していますが、実はこの時から計画していたことがもうすぐ叶いそうで。それが大学編入をやめたきっかけになった、とある計画なのですが。

 

わたしが韓国の大学編入をやめた理由こんにちは!けい(@writtenbykei)です 最近韓国のおすすめばかりを書いていて韓国旅行に行かない人にとっては なんじゃ...

 

5年前から思っていたなんて、、!そこはブレてないらしい。(笑)

スポンサードリンク



バケットリストを上手に活用して叶えるコツ

なんかものすごいコツみたいなのはないし、基本的に自分の意思次第だとは思っているんですが、あえて言うならば自分が書いたバケットリストを何度も見ることがポイントかなと。

わたしが初めてバケットリストを書いたノートはスケジュール帳と一緒についていたただのノートで。ノートのサイズも大きすぎず、薄かったのでスケジュール帳と常に一緒に持ち歩いていました。

するとスケジュール帳に記入したときにも見れるので、「そうそうこれやりたかったんだ」「はやく消したい(クリアしたい)な〜!」と思うように。

 

書いたものの机の引き出しにしまったままは勿体ないということです。

 

わたしも今回バケットリストを新しくして、また新たな目標に向かって頑張ろうという気持ちになりました。今はやる気がフツフツと沸いた状態。(笑)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

バケットリスト 死ぬまでにしたい100のことを書くノート BUCKET LIST (pn)
価格:1944円(税込、送料無料) (2019/2/15時点)

楽天で購入

 

 

 

書いてみると案外(?)楽しいものなので、まだ書いたことがない方はゆる〜い気持ちで書いてみてはいかがでしょうか(^ω^)

 

いつの間にか長く語ってしまいましたが、以上です。

また次の記事でお会いしましょう♡