韓国ドラマロケ地巡り

オレのことスキでしょ。ロケ地 -ソウル市内編-

こんにちは

前回オレスキで撮影に使われている大学、ソウル芸術大学についてまとめたのですが

今回はソウル市内にあるロケ地をまとめたいとおもいます。

もうね、前置きとか興味ないとおもうのでサクッと書きますね。サクッと。

:ピョンアリコン

サンス駅4番出口を出てずーっと真っ直ぐ歩いて左に曲がるとあります。

多分お店の前に看板も出てるんじゃないかな。
FullSizeRender

書いておいてなんですが、
果たして今もあるのか不安な撮影地その1。(情報は全て2015年です)
この店舗の入れ替わりが激しい韓国で2018年現在まで残っているのか。不安なのですが。

でも残っていたらぜひ行ってみてほしい。

ぐっとくる名場面、シンとバレエの先生の雨の日の切ないシーンやジャケ写の撮影はここです。

着いた瞬間、頭の中でBGMが流れ夜になり雨が降ります。←

IMG_9378 IMG_9368
いたって普通のカフェでした。←

 

地元のお客さんもたくさん。
中はこぢんまりとしていて温かい雰囲気。
ホンデで買い物をしたあとにちょっとお茶するときに利用したい。

 

IMG_9370

 

このサンス駅付近、雰囲気がとても良いんですよー。

ホンデを楽しむには中高(大)生くらいが限界かなあと個人的に思うのですが
ホンデのお隣のサンス、ハプチョン、マンウォンドンはわたしの歳でもいける。←

特に夜のサンス、ハプチョンは昼間とはまた違った雰囲気。
ホンデの騒ついたクラブ通りを抜けると雰囲気の良いバーとかイタリアン系が多いです。
金曜日の夜とかデートしてるカップルも多いですよね。そのあとクラブにでも行くのかしら。

ビョンアリコンはホンデから歩いても行けますのでホンデに行った際に
一度立ち寄って見てはいかがでしょうか?

スポンサードリンク

:北村韓屋マウル

アングク駅3番出口を出て現代の会社がどーんと見えるので
そこを左に曲がってまっすぐいくと右手に韓屋が見えてきます。

よく見て歩くとすぐにあっここだ!ってわかる。

IMG_9381

仁寺洞からも近い、北村にあるロケ地。

シン(ヨンファ)とギュウォン(シネちゃん)の家があるところです。
おそらく今も人が住んでいるのもあり撮影当時のまま残されています。

 

IMG_9379

 

IMG_9371
ここのロケ地は一眼で撮っているので写真がキレイ。
実はカメラが好きで、よくソウルでカメラ旅したんですよ。
でも最近はアイフォンの画質が良すぎて
重たい一眼レフ持ち歩かなくてもいいなって(笑)一眼は実家のインテリアと化してる。

 

この時まだスマホがギャラクシーだったから一眼で撮ったんでしょうね。
いやあキレイ。やっぱり一眼いいなあ。

 

IMG_9372

 

ドラマにたびたび出てくるシンがギュウォンを待ったところ。

ヨンファがこの家の路地表記?のあたりでポケットに手を突っ込みながら
シネちゃんが出てくるのを待ってましたよね。

 

ちなみになのですが、シンとギュウォンの家がある
北村の韓屋マウルからずーっと坂を登って行くと
ロケ地の宝庫(と勝手に呼んでいる)中央高校があります。

 

IMG_9374

 

ここはねー本当にたくさん使われていて

最近だとトッケビですね、ちょっと前だとk-popアイドル
ヨジャチングの’시간을 달려서(Rough)’という曲のmvにも使われていました。
IMG_9377

 

わたしは冬のソナタを見たことがないのでわからないのですが、冬ソナにも使われていたそうで。やはり宝庫だわ。

北村まで来たなら
散歩がてら中央高校あたりまで来ることをおすすめします。

 

オレスキと関係ないですがトッケビの撮影地もこの辺りに多いんですよー。
コン・ユとキム・ゴウンちゃん好きな方は必見ですね。来るべし。

 

あとこの辺りをちょっと行くと高級住宅街もありまして
韓国版イタズラなkissのペク・スンジョのお家に使われた豪邸もあるそうです。
なんかね、行くとあぁこの辺りにありそうだなあって思う。(笑)

 

個人的に北村も好きですが
ほぼ真逆にある玉仁洞(옥인동/オギンドン)もすごく好きで
あまり知られてないですが、かわいい雑貨屋さんとか
こぢんまりとしたカフェがたくさんあるんですよ。穴場というべきかな。
オレスキのロケ地を書くつもりが、つい他のドラマのロケ地も書いちゃった。
トッケビのロケ地についてはまた別にまとめようかな。

 

あといつか必ず書きたいのが←
역도요정 김복주(重量挙げの妖精 キムボクジュ)のロケ地。
去年?一昨年?にロケ地巡りしたからまだ記憶が鮮明なので
個人的な備忘録を含めブログにまとめたいとおもっています。

書きました∧ ∧

それでは!次回の記事でお会いしましょう!